トップ
登場人物紹介
エピソードガイド
アリー恋愛チャート
インタビュー
人気投票
掲示板
スペシャルプレゼント
2003.01.24/レンタルスタート
禁転載/Copyright
登場人物紹介
SPECIAL SITE byフォーシーズン
アリーIVまでの出演者はこちら
レギュラー陣
ジェニー・ショー:第1話〜
出勤途中のアリーに正面衝突された若手弁護士ジェニー。その初対面から何かピンとくるものがあり、「まるで自分を見ているよう」と思ってしまうアリーは、失恋と失職でWピンチの彼女を(勝手に)ケイジ&フィッシュで雇うことにする。別れた元カレ・グレンに未練たらたらでいたところ、偶然にも同じ事務所に。(かつてのアリーと同じ立場)
ジュリアン・ニコルソン
TVシリーズ「スティーブンキングの悪魔の嵐」「霊能者アザーズ」などに出演。
グレン・フォイ:第1話〜
新しくケイジ&フィッシュに雇われたモデル系弁護士。偶然にもジェニーの元カレだったため初日から大騒ぎ。戸惑いながらも「ジェニーとはすっぱり切れた」と宣言し、年上のアリーに心を寄せるが…。元彼女とアリーとの間で微妙に男心が揺れる。
ジェームズ・マーデン
「X-メン」「X-メン2」(2003年公開)
レイモンド・ミルベリー :第2話〜
グレンの親友で、ジェニー元職場の同僚弁護士。女性と見るや必ず口説く女癖の悪さが災いして、セクハラで訴えられることもある超ナンパ男。ライバル事務所なのにマティーニ・バーへはよく現れ、グレンと別れたジェニーも口説きにかかる。
ジョシュ・ホプキンス
「パーフェクト・ストーム」 「GIジェーン」など
準レギュラー
ビクター・モリソン : 第9〜19話
アリーが衝動買いした一軒家の修理にきた電気屋さん。弁護士や検事といったエリートばかりの世界で仕事するアリーにとって彼はとても新鮮だった。温かい人柄にアリーは惹かれていくが…。今までの恋の相手とはちょっと違う感じ。
ジョン・ボン・ジョヴィ
ロックファンならずとも知っているアメリカン・ロックバンド「BON JOVI」のヴォーカル。この9月に来日、ライブをしたばかり。俳優としても幅広く活動している。「U-571」「ペイ・フォワード可能の王国」「妻の恋人、夫の愛人」「ヤングガン2」等
ライザ・バンプ : 第16話〜
通称ロリータというとんでもない別名を持つぶりっ子弁護士。シリーズ途中からケイジ&フィッシュ事務所の仲間に。世界の中心は自分という自己中ぶりにジョンは本気で怒り、リチャードはメロメロ(?)になる。
クリスティーナ・リッチ
「アダムス・ファミリー」「キャスパー」「バッファロー66」「スリーピー・ホロウ」 など
その他の出演者
マディ・ハリントン : 第11話
突然アリーの家にやってきたこの10歳の少女の正体は…!?
なんとアリーの娘!!! アリーが若いときに卵子を提供したことがあり、それから生まれた彼女の存在をアリーは知らなかったという衝撃の設定。
へイデン・パネティエル
「タイタンズを忘れない」「バグズライフ」(声:プリンセス・ドット役)
クレア・オトムズ : 第16話〜
紫の髪がキョーレツな一度会ったら忘れられないアメリカ版 清川虹子!?
ジェニーが抱えていた電話会社相手の訴訟事件の原告代表で時々登場するスパイス的存在。
デイム・エドナ・エバリッジ
俳優のバリー・ハンフリーズが扮する欧米で有名なオバサマ・キャラ。決してオカマではありません。バリー・ハンフリーズとしては「不滅の恋/ベートーベン」「妻の恋人、夫の愛人」