トップ
登場人物紹介
エピソードガイド
アリー恋愛チャート
インタビュー
人気投票
掲示板
スペシャルプレゼント
2003.01.24/レンタルスタート
禁転載/Copyright
エピソードガイド
SPECIAL SITE
エピソードガイドトップへ
ファーストシーズン
その他のシーズン
セカンドシーズン サードシーズン フォースシーズン ファイナルシーズン
【vol.11】
第22話:『しあわせ予備軍』(原題:Being There)
 →女を武器にするといつか痛い目にあう!
第23話:『思い出にかわるまで』(原題:These are the Days)
 →1年を振り返ってあなたは涙が流れる?
第22話:『しあわせ予備軍』(原題:Being There)
第22話:『しあわせ予備軍』第22話:『しあわせ予備軍』
別れた相手より、ぜったい先に結婚したい。
ルームメイトのレネが、暴行罪で訴えられた。ナンパした男性とデートしたものの、しつこく迫られたため、跳び蹴りを食らわし首を骨折させてしまったのだ。一方アリーは、ビリーの妻ジョージアが妊娠検査薬を手にしているのを偶然見てしまった。過激な親友の弁護だけでも頭が痛いのに、ビリーとジョージアの間に子供ができてしまうなんて、体に穴が開きそう・・・。

第23話:『思い出にかわるまで』(原題:These are the Days)
第23話:『思い出にかわるまで』第23話:『思い出にかわるまで』
1年を振り返って涙も出ないならムダに過ごしたってこと。
「斧殺人事件」で共同弁護をしたボビー・ドネルが、民事裁判の協力を求めてきた。依頼人は、先天的な疾患を持つ友人と、健康な自分の心臓を交換移植したいというのだ。ホームレスだった自分を救ってくれた親友のためとはいえ、友情だけでそこまでできるもの?考え込んでしまう裁判ながらも、ボビーと“お近づき”になれてルンルンのアリー。ことはとんとん拍子に進み、ついにアリーにも春の予感!?
このシーズンのその他のエピソードはこちら

プロローグ

Vol.1

Vol.2

Vol.3

Vol.4

Vol.5

Vol.6

Vol.7

Vol.8

Vol.9

Vol.10

Vol.11