Garbo ガルボ「大人の女の贅沢主義」 TOP>茶葉別おいしい飲み方>ほうじ茶・玄米茶・番茶・京番茶
vol.12 おいしい日本茶、入りました
トップへ
茶葉別おいしい飲み方
煎茶
深蒸し煎茶
玉露
抹茶
ほうじ茶・玄米茶・番茶・京番茶
粉茶・茎茶・芽茶
冷茶
おすすめ日本茶ショップ
オリジナル壁紙
プレゼント
左背景
▼どんなお茶?▼おいしい入れ方
ほうじ茶ってどんなお茶?
 ほうじ茶は、番茶や煎茶を強火で炒り、独特の香りを極立たせたもの。茶葉に含まれるカフェインやタンニンが少ないので、子供やお年寄り、病人にも適した体にやさしいお茶のひとつ。香ばしい香りと、さっぱりした口当たりが特徴で、脂っぽい料理の後などにおすすめ。
 茶葉の色は炒り加減によって異なるが、色むらがなく、茶葉の大きさが揃ったものが上質。家庭でも古くなった煎茶をフライパンで炒れば、自家製のほうじ茶がつくれる。水色(すいしょく)は透明感のある茶色。
ほうじ茶
ほうじ茶茶葉
玄米茶ってどんなお茶?
 煎茶や番茶、茎茶などの茶葉と、炒った玄米を1対1の割合でブレンドしたもの。炒った米の香ばしい香りと、すっきりした味の飲みやすいお茶。ほうじ茶と同じく、カフェインやタンニンが少ないので、夜寝る前に飲んでも安心。
玄米茶
番茶ってどんなお茶?
 下級煎茶のことで、高級煎茶を作る過程で選別された古い葉や、かたい葉や遅摘みの茶葉なども使われる。煎茶と比べると甘味は少ないが、さっぱりと軽い味わい。
番茶
京番茶ってどんなお茶?
 その名の通り、京都に古くから伝わるお茶で、主に京都の宇治地方で生産されている。摘み取った茶葉を蒸し、揉まずに乾燥させて炒ったもの。揉まないので、茶葉は葉そのものの形が残っていて、かなり大きめ。味わいはさっぱりしていて、水色(すいしょく)は透明感のある茶色。
京番茶
ページトップへ▲
ほうじ茶のおいしい入れ方 ※玄米茶・番茶もほぼ同様。
京番茶は沸騰した湯に茶葉を入れて煮出す。
1.急須に湯を入れて温める
1.急須に湯を入れて温める
香りを強く引き出すには、沸きたての熱いお湯で入れるのが基本。急須もあらかじめ温めておく。
2.急須に茶葉を入れる
2.急須に茶葉を入れる
急須の湯を捨て、水分をふき取ってから茶葉を入れる。ひとり分の茶葉は、ティースプーン山盛り一杯が目安。煎茶よりやや多めの分量。
3.沸騰した湯を注ぐ
3.沸騰した湯を注ぐ
沸騰したばかりの湯を一気に注ぐ。ふたをして、15秒ほど蒸らす。
4.最後の一滴まで注ぎきる
4.最後の一滴まで注ぎきる
味が均等になるよう、少しずつ注ぎわけ、最後の一滴までしっかり注ぐ。
ページトップへ▲
次のページへ

トップへ茶葉別おいしい飲み方おすすめ日本茶ショップオリジナル壁紙プレゼント次のページへ

Get Macromedia Flash Player ガルボはブロードバンドでお楽しみいただくことを前提に 作られています。
これらのページをご覧いただくためには、バージョン5以上のShockwave Flash Pluginが必要です。
左のバナーよりダウンロードしてください。