Exciteホーム | Woman.excite | Garbo | Womanサイトマップ
Woman.excite
ファッション ビューティ ダイエット ヘルス キャリア ライフ グルメ レシピ プレイ LOVE 占い PRESENT
夏・花火情報TOPゆかたヘアメイクゆかたマナー講座ゆかたデート必勝法プレゼント
高感度UP!ゆかたマナー美人
もうすぐ夏!夏といえば花火大会ですよね。浴衣を着て花火デートに行くこともあるでしょう。浴衣姿に彼はドキッとするはずです。ですが、着ているうちに着くずれてしまいだらしなくなったり、洋服の時と変わらない立ち居振る舞いでは、相手をガッカリさせてしまうことも・・・。そうならないための、女らしい仕草や彼をドキッとさせる女らしい立ち居振る舞いについてご紹介します。

着くずれてしまったときの対処法
着くずれを防ぐには、まずは浴衣を着る前の補正をきちんとすることです。帯を締めたときに緩まないように、腰の部分にタオルを巻きます。タオルを巻くと暑く感じるかもしれませんが、綺麗に着ることができて、なおかつ汗も吸い取ってくれる役割もしてくれますので、必需品です。浴衣の胸元は、喉のへこんだ部分にV字をゆったりと合わせます。

手を上げたりするうちに、身八つ口がひらいて帯の上が緩んでしまうことがあります。そんなときは、親指を帯にぐっと差し込んで、たるみを帯の下に戻すようにします。そのときに胸紐の下に布を差し込むようにします。帯がゆるんでしまったら、ハンカチなど厚みのあるものを帯の下から、着物と帯の間にはさむと応急処置になります。また、前かがみになることによって、背中の布が引っ張られて背中に皺がよってしまうことがあります。後ろのおはしょりを両手で引っ張るときれいに直ります。いつも衿元を意識して、着崩れていないかつねに意識するようにします。その気遣う所作が美しいのです。

街中でエレガントな仕草
階段を上がるとき、椅子に座るときなどは、右手は褄(着物の裾の左右両端の部分)につねに置くように意識すると物腰が綺麗です。両膝をつけるように内股気味にします。階段は、つま先だけで上り下りをするようにすると、美しく見えます。

車に乗るときには、お尻から。
手荷物は、乗り込む前に車内に置き、降りるときも車から出たあとで取り出します。これは、洋服でもいっしょです。

和装では、女性が腕をむき出しにするのは品がよくないことですので、袖がめくれないように注意します。電車などでつり革につかまるときには、二の腕が出ないようにもう片方の手で袖口を押さえます。袖の後ろや、身八つ口も開いているので気をつけて、ひじを張らずに脇を締めるようにします。手荷物は、手首に。肩にかけるのは、着物ではエレガントではありません。バックは左手に持つようにして、右手は上前の褄を押さえるのに空けておきます。

ハッとする美しい歩き方、座り方
浴衣ではいつもより歩幅を狭くして歩くようにします。だいたい畳の縦方向で5歩くらいを目安に。着物で座るときには、背筋を伸ばした姿勢を崩さないで腰を落としていくのが優雅な座り方です。モノを拾うときなど、かがむときには、そのモノの横に立ち、腰を落として袖が地面に擦らないように注意してかがみます。裾も地面につかないように、着物をすこし持ち上げるなどして、気をつけます。

もし、家を訪問するときには、素足で上がるのはタブーですので、浴衣で素足に下駄という場合には、白いソックスを持ち歩くようにします。家に上がるときには必ず正面を向いて上がり、相手にお尻を向けないように、体の向きを変えてから、かがんで履物をそろえます。後ろ向きで上がるのはタブーですので、気をつけましょう。これで彼の実家に遊びに行ったときにも、好感度UP間違いなしです。 足が痛くてもう歩けない〜なんていうのは、男性にとってかなり迷惑なワガママの一つ。履きなれない下駄で靴擦れしたときのために、絆創膏を忘れずに・・・。

好感度UP!女性らしい仕草
クロスクロスの法則というのをご存知ですか。これは、左にあるものは右手で、右にあるものを左手で取ることです。体を交差(クロス)させることで、優雅で上品な印象になります。ピアスを取るときも、右耳のピアスを逆の左手を添えて取ることで、顔の角度も斜めになり、美しく見えます。一度、鏡の前で試してみてください。相手の場所にあるモノを取るときには、逆の手で取ることによって相手に接近できるので、そこであなたのうなじや、ほのかな香水に彼はドキッとすること間違いなし!です。

着物を着たときには、足を組むのはタブーです。着物の場合は、椅子の背にもたれると帯結びがつぶれたりしますので、浅く腰掛けるのを心がけます。ソファーの場合は、少し横を向いて座ると(くの字になるように)美しく見えます。写真を撮るときにも、いったん斜めを向いて、上半身だけカメラの方向に向けるとよりスマートに美しく撮ることができます。

いつもよりも、行動をゆっくりとさせることで、優雅な印象になります。そして、たとえ大丈夫だと分かっていても、あえて衿元や裾を気にする仕草が、女性をより美しく見せるのです。

ゆかたを着たときには、体全体で動くと着くずれしやすいので、いつもよりも控えた動作にするよう心がけます。すると、着くずれも押さえられて、動作も優雅になります。男性は浴衣を着た女性の後ろの首筋にドキッとするもの。衣紋(えもん:後ろの衿まわり)は、首に添わせるのではなく、こぶし1つ分抜く(あける)ように着ると女らしくなります。
ただし、抜きすぎると色っぽくなりすぎるので注意。見えそうで見えない、チラリズムに男性は惹かれることをお忘れなく・・・。

講師:磯辺らん【講師:磯部らん】

エッセイスト。女性の生き方や美しい仕草に関するエッセイが好評。
マナーの講師や、恋愛講座でも活躍している。
著書に『好かれる人の秘密』『夢がかなう人生の秘密』(ともにグラフ社)『なりたい自分になれる秘訣』(廣済堂)などがある。
ホームページ http://www.isoberan.com/
夏・花火情報TOPゆかたヘアメイクゆかたマナー講座ゆかたデート必勝法プレゼント