Tokyo Relax
TOP | SPOT1 | SPOT2 | 編集後記
きっと人は美しくなるためにエステに行き、体の疲れをとるために、マッサージに行くのだろう。
ならば、心の疲れをとりたい時はどこに行こう。心に元気を取り戻すには、どこに行ったらいいのだろう。
心の通い合った友人とおしゃべりをしにカフ
ェに行ってもいいし、週末を利用してホテルに宿泊してもいい。
でも、もっとシンプルな「癒しへの道」がある。
自分にとって一番の「心から信頼できるセラピスト」を見つけ身も心を委ねることだ。彼女と話すことで癒され、
触れられること で体もほぐれてゆく。そして、手のひらを通した愛でじっくり心のコリも一緒にほぐしてもらおう。

私が信頼するセラピストが、「人を癒したい」一心でトリートメントを行っているサロンを、連載第3回目の今回紹介。
誰にも会いたくない時こそ、彼女たちに会いたくなるに違いない。
何故なら、彼女たちにはあなたのつらさがわかってしまうからだ。

SPOT1:Life Harmony(ライフハーモニー) ⇒レポートへGO
代替医療の一つ「ロルフィング」の公認ロルファ―(施術者)の福田延子さんのサロン。
やせるためでも、マッサージでもない。ただ、身体を本来あるべき姿へと調整するボディー ワーク。福田さんの癒しの手によって、自分の体が持って生まれた形へと近づいてゆくうち に、自分自身を見つめ直す時間が与えられてくる感じを受ける。

SPOT2:SUNABA(スナバ) ⇒レポートへGO
新宿伊勢丹会館5Fにある、11月末にリニューアルオープンしたばかりのサロン。砂場理恵子さんしか行っていない「エナジートリートメント」で、心のエネルギーが蘇る。
「癒しのゴッドハンド(魔法の手)」を持つ理恵子さん。彼女が手を触れれば、心理状態も体の疲れ具合も全部見抜かれてしまう。トリートメント中、受け手の体の声を聞くために理恵子さんは無言で手に集中。トリートメント後、状態がどうだったかを含め理恵子さんと話せるその時間がすごく嬉しくて、また足を運びたくなる。

大崎百紀(おおさきゆき)
ストレスも、お金もためない、ためられないライター。著書に『東京ヒーリングサロンガイド』(祥伝社)がある。
「ほんとは、私も疲れるんだけどね」と言いながら、日々リラックススポットに出没している。
モットーは、「無理はしない。がまんもしない。好きな人、好きなものに囲まれて、好きな場所で生きる」。
●お問い合わせはメールまで:yukizo@tb3.so-net.ne.jp
INDEX